毎年冬場の時期になるとインフルエンザのニュースが報道されています。インフルエンザはなぜ冬場に流行するのでしょうか?また治療や予防に用いられるリレンザというお薬について情報をご紹介してまいります。是非ご覧ください。

インフルエンザに苦しむ子供たちのイラスト

韓国での多発性硬化症とインフルエンザにリレンザ

国内や韓国で多発性硬化症に苦しめられている人は多いですが、神経線維が傷つくので、顔の感覚がなくなったり、脱力や視力の低下などが起こるので、日常生活が困難になってしまいます。
多発性硬化症の理由ははっきりしていませんが、過去に何かのウイルスに感染し、それが原因で免疫系が異常を来たして、体の組織を攻撃するようになったと考えられています。
神経線維が回復すると、体調が良くなりますが、またすぐに悪くなったりしますし、人によって症状が違うので、国内や韓国でこの病気にかかると、辛い思いをすることになります。
高温により、症状が悪化しやすいので、インフルエンザ感染には十分注意し、高熱を出さないようにしなければなりません。
多発性硬化症とインフルエンザの症状が、同時に起こると大変ですから、寒い季節になったら、マスクや手袋を着用するなどして、予防するようにしてください。
人混みには出来るだけ近寄らないようにし、帰宅したら、うがいや手洗いを必ず行うようにすれば、インフルエンザにはかかりにくくなるので、多発性硬化症の人は特に予防に気を使うことが大切です。
もし発症してしまった場合は、韓国でもよく使われているリレンザで治すようにしましょう。
吸入薬のリレンザは、気道に直接作用し、ウイルスの増殖を抑える働きがあり、即効性を期待できます。
インフルエンザになると、38度以上の高熱が数日続くことがありますが、リレンザを吸入していれば、通常よりも早く回復できるので、発症から48時間以内に使用するようにしてください。
リレンザが欲しいときは、お医者さんに処方してもらうか、個人輸入代行サービスに注文すれば手に入るので、感染したらすぐに使えるよう、自宅に備えておくことをおすすめします。