毎年冬場の時期になるとインフルエンザのニュースが報道されています。インフルエンザはなぜ冬場に流行するのでしょうか?また治療や予防に用いられるリレンザというお薬について情報をご紹介してまいります。是非ご覧ください。

インフルエンザに苦しむ子供たちのイラスト

インフルエンザとキャッツクローと世界で使うリレンザ

冬になると空気が乾燥するので、のどの粘膜の抵抗力が弱くなり、インフルエンザなどのウイルスに感染しやすくなります。
そのため外出するときはマスクを着用したり、帰宅したら加湿器をつけるなどして、感染を防ぐようにしたいところです。
手洗いやうがいも頻繁に行うようにしたいですが、サプリメントを頼るのもよいので、免疫力をアップさせたい方は、キャッツクローを摂取するようにしてください。
キャッツクローはアマゾン奥地に自生する植物で、アルカロイドという成分が含まれています。
アルカロイドには、免疫機能を安定させたり、増強させる作用があるので、健康な体作りに役立ちますし、抗炎症作用もあることから、リウマチや関節痛、筋肉痛などを和らげる効果もあります。
キャッツクローのサプリメントは世界の多くの人が利用していますし、通販で買えるので、空いた時間に探してみるようにしましょう。

インフルエンザの流行は冬だけでなく、世界のどこかで定期的に起こっているものなので、旅行先で感染する場合もあります。
いきなり高熱が出たり、筋肉痛や頭痛が起こると、辛くてたまらなくなりますから、インフルエンザを発症したときは、リレンザという薬で治すようにしましょう。
リレンザは世界中の医療機関で用いられている吸入薬で、タミフルのような経口薬とは使用法が違うので、説明書をよく読んでから、発症後48時間以内に使うようにしてください。
48時間を過ぎると、インフルエンザウイルスが全身にまわってしまい、増殖を抑えられなくなりますから、出来るだけ早く吸入を始めることが大切です。
リレンザは病院へ行けば処方してもらえますが、個人輸入代行通販でも手に入れられるので、いざというときのため、自宅に備えておくようにしましょう。